1960年フィレンツェに誕生Stefano Gamba

2018.4.7 • Mens Import, staff • StyleEditionスタッフ • No Comments

暖かい陽気が続き

桜も早咲きで一気に初夏を感じるこの頃でしたが

又、少し寒くなり始めブレーキがかかった感じ

でも、

入学式の様子がニュースで

やっぱり春本番って感じ・・

うちの男子なんかは今年の新入生を部活勧誘しなきゃなんて

頑張って朝登校しました。

ところで、

最近、米国のトランプさんの貿易摩擦の解消政策での

中国との貿易戦争が始まりやられたらやり返すの模様

国内需要で企業を守るトランプさんも素晴らしい

うーん、

日本に置き換えると

この間初めて食べた「いきなりステーキ」の

アメリカ産お肉に高い関税が付くと

いくらになっちゃうんだろうなー

さらに

「いきなり和牛ステーキ」だと

もっと高くなりそう・・

でも 美味しそう

話は

変わって

今回ご紹介するブランドは新しく始めたShoes Brandです。

ご存知のように

ドレスメンズShoesではお馴染み

BerwickとCordwainerですが、

カジュアルラインとしてのBuyningです。

【Stefano Gambaステファノガンバ】

1960年イタリアのフィレンツェに誕生

高い技術と抜群の履き心地、

スタンダードのモデルにトレンドをプラスされた

名だたるブランドのOEMにも供給

そんな魅力あるShoes

 

ネバダ州のバッファローのレザーを使用

ビンテージ感があるシボが魅力でしかも厚手で水にも強い

夏はやっぱり素足?ボトムはデニム?

ショートパンツ?

ジャケパンに合わせてドレスで?

夏の大人めく着こなしが楽しめちゃう

重さ275gという軽さ

【Lavorazione Tacchetto】

柔らかくラグジュアリーさを足裏に感じる

レザーソールにもかかわらず特殊加工で

滑ら無いソール加工になっています。

1020-br BROWN

1020 Bufalo Nevada Stefano Gamba

1020-bl BLUE

1020 Bufalo Nevada Stefano Gamba

 

1020 Bufalo Nevada Stefano Gamba

定番ブラウンと

夏のアクセントカラーオーシャンブルー

 続いて

Srip-on Intreccio

バブースリッポン

スリッポンならではのラフ感で遊んで見えつつ、

佇まいは端正かつエレガント

アッパーを綺麗に本革で編み込まれたイントレチャート

上品なビジュアルに編み込んだこれからの季節に

足元を軽快に演出してくれます。

 

2452-wh WHITE

2452 Pellame Intreccio Stefano Gamba Srip-onスリップオン

2452-br BROWN

2452 Pellame Intreccio Stefano Gamba Srip-onスリップオン

2452-bl BLUE

2452 Pellame Intreccio Stefano Gamba Srip-onスリップオン

2452 Pellame Intreccio Stefano Gamba Srip-onスリップオンカラーは3色

そして何よりも楽チン!

踵に芯が入っていない為、

サンダル感覚で折り曲げて履けるのです。

重さ220g

価格は

勿論Style Editionリーズナブル価格

同じStefano Gambaのコレクションの中

商品番号が同じでもソールの材質や

ベージュのレザー切り替え仕様など

仕様が異なり価格も違いますので

ご確認下さい。

 

では失礼します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tags: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>